野菜に含まれる栄養素とその働きについて

野菜の栄養素食べるものは24時間簡単に手に入る現代。コンビニやファミレスなどでお腹を満たすことは容易です。
しかし、外食産業が発達する一方で、栄養不足・栄養失調も問題になっています。
炭水化物や脂質といった、エネルギーのもとになる、いわゆる「カロリー」を補給することは簡単ですが、野菜に多く含まれるビタミンやミネラルが不足しがちなのが現代の日本人の食生活の特徴です。

外食が多い人や野菜不足が気になる人は、野菜を食べるように心がけましょう。 また、どうしても野菜が不足してしまう、という人は青汁などで栄養補助するのも良いでしょう。 ⇒妊娠中も飲める青汁なら、毎日飲み続けるのにもおすすめです。

このサイトでは、野菜の栄養を見直すためにも、主要な野菜に含まれる栄養素とそのはたらきについてまとめてみました。

話題の酵素も!心強い庶民の味方・大根

大根の栄養素食卓にのぼることも多い庶民の味方である食材といえば、大根ですね。すりおろして生で他の料理を引き立てたり、火を通せばほくほくとして冬にぴったりで、庶民の強い味方です。
そんな大根は、栄養面でも優れた面をたくさん持っています。

まずは酵素です。大根には、リパーゼ・アミラーゼ・プロテアーゼという3種類もの酵素が含まれています。消化を助けてくれ、消化不良や胃腸の不調に効果を発揮してくれます。
また根の部分には、でんぷんの消化酵素である多くのジアスターゼが含まれています。こちらも消化を助け胃腸の調子を整えてくれますので、大根を食べる際はぜひ端までしっかり食べるようにしたいですね。
次にリグニン。こちらは抗酸化作用があり、加齢による悩みの解消にも役立ちます。
また、イソチオシアネートという成分も含まれています。こちらは少々特殊で、大根の細胞が壊れたときに出来る成分です。
ですので、大根おろしにして食べるとこのイソチオシアネートを摂取することが出来ます。大根おろしが辛いのはこの成分によるものです。

イソチオシアネートには、解毒作用、消化を助けてくれる作用や、血液をサラサラにしてくれる作用などがあります。
抗酸化作用があり美容・アンチエイジングにも効果があると言われていますので、美容にも気を遣う女性にもオススメです。

また食物繊維も豊富に含まれています。
特に大根が持つ食物繊維は「不溶性食物繊維」であるため、便秘に悩む方はぜひ大根を積極的に摂取してみてください。
大根のもつ酵素は、最近ではドリンクやサプリメントなどでもよく目にするようになった栄養素です。
身近な食材から摂ることができるのは嬉しいことですので、ぜひ意識しておいしく頂きましょう。

大根の栄養素【女性の悩みを解決!】

大根にはカリウムやカルシウム、ビタミンCが豊富に含まれています。
カリウムは塩分排出を促すため、むくみが気になる方にぜひ摂取して頂きたい栄養素です。またカルシウムはイライラを軽減させてくれ、ビタミンCはお肌の潤いに&風邪予防に欠かせない栄養。そんな女性の悩みを解決してくれる大根の栄養をもっと深掘りしてみましょう。

大根には豊富な酵素が含まれています。酵素とは他の物質と結合することで分解を促したり、代謝を促進させたりするものです。私たちの体内を循環させるためには欠かせない栄養素のひとつ。
それが大根には3種類、かつ豊富に含まれています。それぞれがでんぷん、たんぱく質、脂肪を分解する働きを持っているため、太りやすいと言われている揚げ物や炭水化物と一緒に摂ると分解を促し胃腸の負担を軽減してくれます。天ぷらやおそばと大根おろしを一緒に食べるのは理にかなった食べ方なのです。
また、食物繊維も豊富に含まれているため、便通をスムーズにしてくれる効果もあります。
酵素や食物繊維を効率よく取り入れるためには大根おろしが一番です。なぜなら、酵素は熱に弱く60度以上の加熱で死滅してしまうからです。かつ生大根を咀嚼して摂取するよりはおろした方が吸収が高まるためです。
もちろんおでんや煮物等、加熱して食べても食物繊維はたっぷり摂ることができます。

大根は干すと更に栄養素が高まります。カリウムやカルシウム、食物繊維は生食の4?5倍、糖質が約6倍、マグネシウムや鉄分に至っては10倍近く栄養が増えます。これは干すことで旨味が凝縮され、よりたくさん食べられるためです。
切り干し大根は水で戻し煮物にする場合が多いかと思いますが、その戻し汁に実はたくさんの栄養が溶け出ています。できれば戻し汁ごとスープにしたり、もしくは戻さずに炒め物にしたりしてもれなく摂取すると良いでしょう。

免疫力を高めてくれる大根

大根大根は、今では年中店頭に出回っていますが、本来は秋から冬にかけてが旬の野菜で、冬の寒さで甘みが増し美味しく食べられる、多くの栄養素が含まれている野菜です。

大根に含まれている栄養素は、ビタミンA ビタミンC、ジアスターゼ、アミラーゼ等ですが、中でも消化酵素の代表と言ってもいいジアスターゼでしょう。ジアスターゼはでんぷん質やたんぱく質、脂肪の消化を助けてくれると共に、焼き魚の焦げ目に含まれる発がん物質を消したり、解毒作用があって焼き魚に大根おろしを添えて食べるのは、正しい食べ方と言えます。

それから胃もたれの際に大根おろしを食べると、胃がすっきりして、誠に胃に優しい食べ物と言えます。又胃酸の中和作用もあって、ゲップや胃もたれ、胃酸過多等を改善してくれます。

栄養素で多く含まれているのは、ビタミンCです。ビタミンCはコラーゲンというたんぱく質を作るのに不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ他、病気などへの抵抗力を強めたり鉄の吸収もよくします。
更に活性酸素から体を守り、動脈硬化や心臓疾患の予防にも役立ちます。

ビタミンCが不足すると、寒さや病気に対する抵抗力が落ちて、風邪などの病気に罹りやすくなったり、骨の発育が悪くなったりします。ビタミンCは大根の表面の皮の方に多く含まれているので、工夫して皮ごと食べるようにすると、より多くのビタミンCが摂取出来ます。

ビタミンAは、目のビタミンとも言われ、視覚機能の調節の他、滑らかな皮膚を作り、気管支や肺、鼻等の粘膜を保護してくれます。ビタミンAは根よりも葉に多く含まれているので、葉も捨てずに食べるとよいでしょう。
大根は、様々な料理に調理されながら、体の免疫力を高めてくれる素晴らしい野菜です。