美容に!健康に!トマトのチカラ

トマトみなさんはトマトは好きですか?
そのまま食べてもおいしいですし、ペースト状にしたり、スープに入れたり…様々な料理に使える便利で馴染み深い野菜ですね。
そんなトマトには、健康や美容に役立つ栄養素がたくさん含まれています。

まずはベータカロテン。抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。
免疫賦活作用とは、人間の体内に入ってしまうと病気になる細菌やウイルスを、体の中で死滅させたり体から追い出したりする働きのことです。
その他にも、髪・視力・皮膚や粘膜・呼吸器の健康状態の維持にも役立つと言われています。

次にリコピンです。トマトというとこちらの栄養素を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
リコピンには抗酸化作用があります。しかも熱に強く強力なので、効果がとても期待できます。
シワやシミなどの肌老化から守ってくれるので美容に気を遣う女性にオススメです。
また、脂肪が蓄積するのを防ぐ働きもしてくれるので、食生活が乱れがちだったり、生活習慣が気になっている方も積極的に摂りたいですね。

次に、トマトのうまみ成分のひとつであるグルタミン酸です。
こちらも内蔵に脂肪が蓄積するのを防いでくれるので、生活習慣病の予防にも役立ちます。
また、グルタミン酸を筆頭とするアミノ酸には天然の保湿成分が40%も含まれているため、摂取することで肌のうるおいを維持し、美肌効果も期待できます。
最後にカリウムです。カリウムには水分や塩分の体内で余分となってしまったものを排出してくれる作用があります。

そのため、むくみや高血圧に悩む方にもオススメできます。
この他にもトマトには、食物繊維やケルセチン、クエン酸や各ビタミンなど栄養が豊富に含まれていますので、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね。

トマトに含まれる栄養素とその働きについて

トマトは熱帯では多年草で、温帯ではナス科の一年草です。
また、トマトには赤い色や黄色い色のトマトがあり、南アメリカのアンデス高地原産です。

トマトには、ビタミンA、ビタミンB?、ビタミンB?、ビタミンC、ビタミンE、カロチン、リコピン、カリウムが含まれています。
トマトの赤い色のリコピンとは、カロチンの一つのことです。

トマトに含まれるカロチンは活性酸素を減少させます。トマトを食べると、皮膚や粘膜が丈夫になり、抗酸化作用のあるリコピンは免疫力を高めて、がんを防ぎます。またカリウムは、塩分を体の外に出すので、高血圧を予防できます。

トマトソースやトマトピューレ、トマトケチャップ、トマトジュースなどにして食べられるので、人気があり手軽に摂取できます。
トマトジュースをシチューやミートソースなどに利用すれば、トマトに含まれる栄養素を摂取できて、免疫力を高めて風邪の予防したり、
若さを保つのにも効果があるのではないかと思います。
生で食べられたり、加熱して食べられたりするトマトは、特に女性に人気が高く美容にもよいです。

トマトをオリーブオイルで焼いて食べたり、パスタに入れて加熱して食べると、加熱すると吸収しやすくなるリコピンを吸収しやすくなります。
トマトはカロチンやビタミンが豊富なので、免疫力を高めることができるし、みずみずしくてのどにもよさそうです。
トマトは、ビタミンやミネラルが豊富なレタスやキュウリ、かぼちゃなどたくさんの野菜といっしょに食べられるサラダとしても相性抜群です。